福岡市の貸しホール/音楽スタジオ/スタジオ・フリッツ・ナタン
studio.fritz.nathan

音楽ホールのオーナーでヴァイオリニストの "Shige" の紹介です

古田茂稔 <古田茂稔 Furuta Shigetoshi>

福岡音楽学院で5歳よりヴァイオリンを学ぶ。桐朋学園大学ヴァイオリン専攻、卒業後アメリカ合衆国に渡り、インディアナ大学音楽学部でパフォーマー・ディプロマ取得。'95年と'96年に、ボストン交響楽団が夏に主宰する、タングルウッド音楽祭オーケストラの奨学生。その後シカゴに移り、ノースウエスタン大学音楽学部でマスター・オヴ・ミュージック取得。同時にシカゴ交響楽団のトレーニング・オーケストラーシヴィック・オーケストラ・オヴ・シカゴのヴァイオリン奏者を務める。これまでにヴァイオリンを、朔望、江藤アンジェラ、江藤俊哉、フランコ・グッリ、ブレア・ミルトンの各氏に師事。'99年より'05年まで、テキサス州、サン・アントニオ交響楽団の第一ヴァイオリン奏者。'05年、アメリカを後にし、ウィーン(オーストリア)で一年間学ぶ。ライナー・ホーネック氏に師事。 '06年、ソロ活動を決意、本拠地を日本に移す。現在、福岡市在住。ヴァイオリン・スタジオ(コンサート・スペース&ヴァイオリン教室)ーFRITZ NATHAN(フリッツ・ナタン)主宰。'11年、初のソロ・アルバムCD-「J.S.バッハー無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ」をリリース。同年9月、シャルトル(フランス)で、バッハのソナタとパルティータの無伴奏ヴァイオリン・リサイタルで、フランス・デビューを飾る。リサイタル前夜の、シャルトル市観光局での水野浚冶切り絵展覧会のオープニングでのバッハのシャコンヌの演奏は、シャルトルの新聞―エコー(l’ echo)紙に、「申し分のないテクニックと表現力で聴衆を別世界へ連れて行った」と絶賛を受ける。 '07年の、帰国後初リサイタル以来、福岡や佐賀でのリサイタルは10回を超える。そのほか室内楽、コラボレーションによる演奏も多数。使用楽器は1787年製、ロレンツォ・ストリオーニ。

CDの紹介

シャルトルへの愛 <タイトル>
"シャルトルへの愛"








<収録曲>
・J.S.バッハー無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ
・J.S.バッハー無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ第3番ホ長調BWV1006
・J.S.バッハー無伴奏ヴァイオリンの為のソナタ第2番イ短調BWV1003
・J.S.バッハー無伴奏ヴァイオリンの為のソナタ第3番ハ長調BWV1005
・J.S.バッハー無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ第2番ニ短調BWV1004
・J.S.バッハー無伴奏ヴァイオリンの為のソナタ第2番イ短調BWV1003-Andante(Bonus Track)

Photo

写真1 写真2 写真3
写真4 写真5 写真6


You Tube


<J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ第2番ニ短調BWV1004-シャコンヌ>



<J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンの為のソナタ第3番ハ長調BWV1005-ラルゴ>



<バルトーク/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタよりフーガ、メロディア>



<イザイ/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタOp.27-2より
Poco Lento(malinconia)、Sarabande(Danse des ombres) >



<パガニーニ/24のカプリス作品1より24番&5番>



ヴァイオリンレッスン

古田茂稔のプライベートレッスンはスタジオ・フリッツ・ナタンの素晴らしい音響の中で行われます。
レッスンをご希望の方は、下のアイコンからメールフォームを表示してご利用下さい。

メールフォームヴァイオリンレッスン

メールフォームから送信後、2日経過しても当方からの返事がない場合はシステムエラーの可能性があります。その場合には恐れ入りますが、shigevl0921 *world.ocn.ne.jp(*には@を入れて下さい)まで直接送信いただけます様お願いいたします。


受付窓口 アコルデ音楽企画-Copyright © since Jan.2012. "Studio Fritz Nathan" All Rights Reserved.