レッスン行程

響きのある美しい音色を作るために体を開発しながら、技術を磨き、表現力を高めます。

«入門» = 初めての音出し!


初めてフルートを吹く方は、まず頭部管だけで音を出す練習から始めます。ここで唇と息の使い方を少し学習しますが、何事も最初の一歩が大事なので単純なことでもしっかりマスターします。音が出るだけで楽しいと思える貴重な時期です。

◎使用教材:オリジナルメソッド[フルート上達のための実践的ワークブック] etc.
◎曲:ほたる、かごめかごめ etc.


«初級» = 運指はひととおり覚え、スタッカートやビブラートも習得!


腹式呼吸を覚え、音を支えられるように体を作り始めます。全音域に渡って息やアンブシュアの変化をとらえていきますので、コツがつかめて曲を吹くのが楽しい時期です。

◎使用教材:Altes1巻、Gariboldei/Etudes mignonnes etc.
◎曲:幻想曲(ライハルト)、歌の翼に(メンデルスゾーン) etc.


«中級» = 指や舌のトレーニング、音楽的な表現が本格的に!


様々なタンギングの学習から始まり、替え指も覚え、美しい音色への欲求も増してきます。アーティキュレーションを理解したり跳躍を伴う複雑な音型も増えます。ディナミクレンジが広がり、フレージングや表情を考え練習することが楽しくなる時期です。

◎使用教材:Altes2巻、Koehler/Op.33、Andersen/Op.21、Op.15 etc.
◎曲:アルルの女よりメヌエット(ビゼー)、アンダンテ K.315(モーツァルト) etc.


«上級» = 美しい音色、正確なテクニック、しなやかな表現力に磨きをかけます!


フルートのつきあいも随分長くなり、もうフルートなしの人生は考えられなくなる頃ではないでしょうか。スケールやアルペッジョは暗譜で完璧に演奏でき、指や舌もかなりの精度で仕上がっているはず。なにより、息の支えや脱力のコツが見えてくる時期で、音程も安定して音色の変化も自在になり、歌うように吹くのがわかって楽しくて仕方ないはずです。ソナタなどの大曲に挑み、入門の頃憧れていた理想にもう一歩!というところかもしれません。

◎使用教材:Fuerstenau/Bouquet des tons、Boehm/Op.37 etc.
◎曲:ソナタ(プーランク)、ハンガリー田園幻想曲(ドップラー)、ソナタ全曲(バッハ)、コンチェルティーノ(シャミナーデ) etc.


«超上級・音大受験・専門家» = 苦しい専門の道。でもその先には限りない幸せと楽しみが待ってます。


どんな分野でも、極めようとすれば苦しみは避けられません。プロ野球やプロ棋士の世界がそうなように、アマチュアの時とは全く違ったレベルの音楽の世界で生きていくことになります。この道を選んだ人は、観念して日々の修行に情熱を傾けて前進あるのみ。格段にいい音色、格段にいい技術、格段にいい表情を求めて、頑張りましょう。音色磨きに関しては不断の努力が、神様からのプレゼントにつながります。技術に関しては維持向上に邁進。表現に関しては見聞きしたもの全てが音楽に反映されます。音楽をする喜びが身にしみて幸せに感じることでしょう。

◎使用教材:(完成度を上げて)あらゆるエチュード
◎曲:モーツァルト、イベール、ニールセン、ライネッケ、ジョリヴェなどの協奏曲他、バロックから現代曲まであらゆる曲


上記以外の共通使用教材:


◎タファネル/ゴーベール[17のメカニズム日課大練習]
◎モイーズ[ソノリテについて]
◎モイーズ[24の旋律的小練習曲と変奏(初級)]
◎モイーズ[25の旋律的練習曲と変奏(中級)]
◎オリジナルメソッド[フルート上達のための実践的ワークブック]