-速さに関する言葉-

クラシック音楽ではイタリア語がとても大きな働きを担っている。つい日本語で考えてしまうが、その言葉の意味を知っているといないでは、そのイメージから表れる音には差がある。イタリア語で書かれている楽語は、音楽以外、日常でも使われている言葉が多く、様々なニュアンスがあるので、演奏する上で原語で考える習慣が大事である。例えば「tempo」はイタリア語で「時間」の他に「天気」も表す。テンポが速い、遅いことそのものが重要なのでなく「気持ち」がテンポを決める。「che tempo fa ogghi?」は、「今日の天気は?」という意味。

■ Lento ■

辞書では、おそい、ゆるやかな、とある。「passi lenti」は、「ゆったりした足取」。「viaggio lento」は、「悠長な旅」。遅いというより、ゆったり、という感じ。

■ Largo ■

辞書では、大きい、広い、自由な、寛大なと、とある。まるでロシアの平原、何時間走っても同じ景色、というように、具体的に、広い場所を想像してみる。 他にも、目の前に広がる海。山の頂上から見た町の光景、飛行機の中から見下ろした地上の様子。など、広大なニュアンスが音楽に表れる様に五感をフルに使い、その言葉で作曲家が表したかったことを理解しようとしてみると、ダイナミックスの変化なども自然とついてくる。楽語を日本語におきかえてわかったつもりになるのではなく、自分の中の「感覚」「感情」をその言葉にシンクロさせること。

■ Andante ■

アンダンテは、歩くような速さ、だが、一口に歩くといっても、様々な気分によって変わってくる。「andare」 という動詞からきているが、これは「walk」ではなく、「go」という意味が強い。Andante は、現在分詞として形容詞のような働きをし、例えば、「anno andante」 は、「今年」という意味。「時」が流れていて、速さとしての解釈は、「ゆったりと」がふさわしい。

■ Moderato ■

形容詞として、適度の、ほどよい、手ごろな、という意味だが、他動詞のmoderareは、緩和する。抑制する。とある。テンポとしては、中庸だが控えめで穏やかと考えられる。たとえば、料理で「モデラートな火」。強風でも無風でもない心地よい風は「モデラートな風」。パーティーでは「モデラートに食べて飲んでね」など。「中庸に」では音楽的に少しぶっきらぼうなので、やはり、原語、イタリア語で考え、微妙なニュアンスを想像して演奏するのが音楽的だ。

■ Comodo ■

辞書では、便利な、気持ちのよい、安楽な、気楽に、とある。「una vira comoda」 は、「快適な生活」。演奏を聴く人に、リラックスした心地よい気分を与えられるようにするとよい。

■ Allegro ■

イタリア語のアレグロには速くという意味はない。陽気に行きましょう!楽しく!明るく!という意味。辞書には、1.陽気な、快活な 2.(会話、劇などが)楽しい、快適な 3.(考え、概念が)明るい、朗らかな、(色彩が)鮮やかな、などと書いてある。Allegretto は、その状態がちょっと穏やかな感じ。よってテンポは遅くはないし、「速く」でも間違いで、曲想の理解を重視し、テンポがその気分をうまく表現していることが重要。

■ Vivace ■

速さの記号というより、表情的表現の言葉。辞書では、1.活発な、元気のよい、すばしこい。「bambino vivace」は、「元気のいい子供」。2.(頭の)回転のはやい、鋭い。3.生き生きした、活気のある。「stile vivace」は「生き生きとした文体」。4.鮮明な、鮮やかな。「colore vivace」は、「鮮やかな色」。 ちなみにvivoは、1.生きている。2.活発な、生き生きした。3.(感情が)強い、烈しい。「vivo rimpianto」は、「 深い悲しみ」。言葉の真のニュアンスを知り、なおかつ楽譜から作曲家の意図したことを汲み取ることが大切である。

■ Presto ■

確かに、急いで!というニュアンスはあるが、動作が「速い」、というよりは、時間的に「早い」というほうの意味が強い。辞書には、1.すぐに、まもなく。2.速く、急いで。3.容易に、たやすく。4.早くから、朝早く。例えば、「Presto!Aiutatemi!」は、「早く!助けて!」。Prestoと書いてあったとたん、「可能な限り速く」するというのは音楽的ではない。